資格のメリット

  1. 事業紹介
  2. 資格のメリット

ご予約・お問合わせ

Contact

資格のメリット


「パラリーガル認定資格」の強み


「パラリーガル認定資格」は、法律事務に関する実務スキルとそれに付随する基本的な法律知識を有していることの客観的証明です。
したがって、法律事務所へ就職・転職する際、パラリーガル認定資格を持っていることは大きなアドバンテージとなります。


パラリーガル資格の3つのメリット


 専門性の高いスキルが身につく


法律事務のスキルは専門性が高く、事件の種類は多岐にわたり、業務の範囲も広いことからその習得には時間が掛かります。

そのため、実務経験が数年ある法律事務職員でも、日々行っている一つひとつの業務について、その意味や内容を理解することなく、単なる作業で終わってしまっている人も少なくありません。

このような仕事のやり方では、何年キャリアを積んでも法律事務スキルは身につきません。
しかし、基礎知識が無い中、独学でパラリーガルスキルを上げていくのは、現実問題としてなかなか難しいものがあります。

そこで、効率良くパラリーガルスキルを上げて行くためには、裁判手続の流れと原理原則を押さえた上で、基本的な法律も必要な範囲内において理解し、「この書面は何のために提出するのか」「なぜこのタイミングで提出するのか」「なぜこの書面にはこのようなことを記載する必要があるのか」といったことを根拠条文に照らし、理屈で理解できるようになる必要があります。

こうした基礎知識を習得して初めて、そこから先は独学でどんどん知識を増や法律事務スキルを上げて行くことが可能となります。

JLAAのパラリーガル認定資格の取得を目指す過程で、それぞれのレベルに応じた法律事務の専門スキルが身につきます。

 転職に強い


パラリーガルの基本的なスキルは全国の法律事務所で共通です。
そのためどこの法律事務所に移っても即戦力として働くことが可能です。

法律事務の仕事はスキルが全てです。
したがって、高いパラリーガルスキルを持っている人は、弁護士からすれば非常に魅力的であるため、年齢に関係なくスキルさえあれば転職に困ることはありません。

また、近年では、パラリーガルスキルを持っている人は、法律事務所のみならず、一般企業の法務部での需要も非常に高くなっています。

<未経験者にこそ必須で最強の資格>
パラリーガルの需要が年々高まり、各法律事務所は優秀なパラリーガルの確保に力を入れていますが、多くの法律事務所が欲しがるのは、法律事務所での実務経験がある人です。

であれば、「未経験者の自分は無理じゃないか・・・」と思うかもしれませんが、正にこのことが「パラリーガルは転職に強い!」ということを裏づけています。

また、法律事務所としては、基本的には実務経験者が欲しいわけですが、実際はなかなか実務経験者を採用できないというのが現状です。

理由は大きく3つあります。
1つ目は、高いスキルを持った優秀なパラリーガルは、弁護士がなかなか簡単には放さないということ。
2つ目は、優秀なパラリーガルは、知り合いの弁護士から声が掛かり事務所を移ることも多いので、求人に応募してこない。
3つ目は、弁護士・法律事務所間の競争が激しい今、優秀なパラリーガルの数が足りず、まだまだ需要の方が高い。

したがって、今であれば、まだまだ未経験者でも法律事務所への就職は十分可能です。
実際、JLAAのパラリーガル認定資格を取得した未経験者の法律事務所への就職内定率は、約80%です。

今、パラリーガルの人気に伴い、多くの未経験者が法律事務所へ応募するようになりました。
その中で、未経験者であっても法律事務の基礎知識を学び、更にそのスキルを客観的に証明するパラリーガル認定資格を持っている人は、他の応募者よりも頭1個分も2個分も抜け出すことができます。

実務未経験者で法律事務所への就職を目指す人にとっては、「パラリーガル認定資格」は非常に強く大きな武器となります。

なお、法律事務所の求人では、「未経験者OK」というものも少なくありません。
しかし、特に中・小規模の法律事務所では、一般企業とは異なりスタッフの数が少なく、日々バタバタと忙しいため、一から丁寧に手取り足とり教えてもらえることは基本的には期待できません。

したがって、本当に全く基礎知識も無い未経験者が、実務に入ってあのスピードの中で仕事を覚えていくというのは、なかなか厳しいというのが現実です。

法律事務所で飛び交う専門用語や実務の基礎を身につけたうえで、余裕を持って現場に入ればストレスも小さく済みますし、なにより基礎が既にできているので現場で学んだ知識の吸収する速さも全く違います。

パラリーガルスキルを順調に伸ばして行くことができるか否かは、その基礎がしっかり築かれているかどうかで決まるので、土台となる基礎は、なるべく早い時期に固めておいた方が効率的です。

このように、未経験者にこそパラリーガル認定資格は必須であり、そして最強の資格です。

 自身のスキルを客観的に証明できる


パラリーガルの業務内容やスキルは多岐にわたるため、「法律事務経験あり」と言ってもどこまでのスキルがあるのか明確ではありません。

「実務経験3年あり」ということで採用したものの、これまでの業務内容は秘書業務や一般事務が中心で、法律事務スキルとしての経験値は低かったということはよくあります。

また、「○○の手続きや○○書面作成の経験があります」と言っていたのに、採用してみたら実際は殆ど出来なかったということも少なくありません。

パラリーガル認定資格は、自分が経験した実務や持っている知識を客観的に証明してくれるものなので、就職や転職の際に説得力が増すと共に大きな武器になります。

たとえ実務経験がない場合でも、専門的な知識とスキルがあるだけでその人に対する評価はアップします。
さらに法律事務所だけでなく、企業の法務部などでの活躍も期待できます。

資格講座のお申し込みは、
AG法律アカデミーよりお願いします>>

説明会ご予約・資料請求はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

Page Top